読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疾走

好きなものを好きなだけ


退職するということ。


 
        f:id:ideal_a:20160521003936j:image


とてもとても揉めている。笑
俗にいう円満退社の難しさを日々実感しているところです。


一応知らない人はいない位大きな会社ですが、有給消化は難しいらしく散々な言われようだった。


部署の営業の成績も悪いので、退職は出来ることになったが「成績悪いんだから最後まで責任持って働け」「営業やって結果だせ」などとボスから言われてます。


最後まで責任持って働こうなんて気持ちを改めて考えたことがなかった。いつも責任持って働いていたつもりなのにな〜…。いつも通りに働こうと思っていた。私は仕事に対して「やりたくない」なんて言ったことがないよ。(そんなこと言う人もいたのだよ…)



私が何よりも許せなかったのは「責任持って働け」という言葉だった。辞める人相手に。私に対して有給を全部消化させないくせに、責任持って働けなんて会社が言えるのか、と。会社だって会社としての責任を果たしてほしい。私は会社の奴隷だったのかと悲しくなったりもしたのである。



そう思ったら、もう言ってやらなきゃ気が済まないし、どうせ私は辞めるんだ!と強気になったwそこから散々揉めたり何なり、人事が有給とらせないって言うなんて会社としておかしい。という話が果てしなく広がって空より広い話になって収まり切らなくなりました。


何より大企業は末端で働く社員としては仕組みも分からないし、人事といっても直接会ったこともない、名前も分からない人との戦いが辛かった。これじゃあシャドーボクシングだ。


だから、虚しくなって諦めた。有給全消化という労働者の権利を主張したかったのだけど。見えない相手と戦うのは疲れたし、私には未来があるからもういいやと思った。でも半分以上は取れたwやったー。これで終わりにしようと思えた。


有給消化、当たり前だと思ってました。今時、ましてや、こんな、大企業が。
たぶんこのまま平和に終わりにできると思います。なんだかんだ精神をすり減らして痩せましたwやっぱりメンタルがお豆腐。





退職事件簿を通して、まとめ。


幸せになりたいっっ!