疾走

好きなものを好きなだけ


ちくしょう、という話

嫌なことがあった時に、心がスッと冷めていくのが分かって「あ〜そっかぁ。」って諦めに似た気持ちになるのだけど。最近はそれが悲しいのだと理解した。自分の信じていた、信じていたい世界とは程遠いんだなと思ったりする。当たり前なんだけど。何事も自分の思い通りにはいかないし、私は、私が思っている以上に人の気持ちが分からない。些細な人の言動で傷ついてみたり、怒ってみたりするけれど、そんなのは自己愛で本当は傷ついたフリをしたり怒ったフリをしているだけで、何よりも自分自身が大事で愛おしいらしい。みんなみんな素直で羨ましいと思った。私は機嫌の自分が悪い時に、機嫌が悪い態度をとることなんてできないから。大事な人と大事じゃない人の区別はできるけど、あわよくば大事じゃない人にも私のことを大事に思って欲しいと思っているから。もし私が川で溺れていたら助けて欲しい。本当は私も寂しいことをわかって欲しい。平気な顔をしているだけで、助けて欲しい。ずっと誰かが私を救い出してくれるのを待っている。…って私はいつも待っている間に勝手に傷ついて扉を開けることはない。外は寒いし、風は冷たいし、でも歩き続けなきゃ家に着かないなんてちくしょうって思った。

気分が良い、という話

体調が良い!

すこぶる体調が良い。
人間関係に大きな悩みがなくて、(小さいものはいつも皆あるとして)
仕事も程よく責任があって、
仕事から帰って好きなことをやる時間があって
気分の良い日常…。感謝

まーそんなのも、もうすぐ終わるんだけど、
やっとここからだ!って気持ちがあって
ワクワクしている。ひたすら自分のやりたいことを、馬鹿みたいにやろう。

前の職場を逃げるように辞めて、
いろんな思いがあったけど、
最近はそんな自分を許せるようになったし、
何よりも体調がいいの一言に尽きる…。
一度身体壊すと修復するのに時間がかかるのと
メンタルまでボロボロになるから、
みんな自分の限界と見極めるポイントを知っておいたほうが良い。

おやすみなさい。

安心な僕らは旅に出よう

安心な僕らは旅に出ようぜ

雨降りの朝で今日も会えないや
なんとなくでも少しホッとして


くるり - ばらの花 at Fuji Rock '08

思い切り泣いたり、笑ったりしようぜ

なんとなく最近の日本の閉鎖感が嫌だ。
私が感じているだけ?
でも、ちょっとしたことでネットが炎上したり、批判されたり。
間違いや弱さを許せない社会が嫌なんだ〜。


みんながみんな、情報を得られるようになった分
上を見ては羨んで、下を見ては馬鹿にして、
自分の社会のポジションがなんとなく分かってしまって。
年収はこれくらいないと、何歳までに結婚しないと、
しないといけないことが増えたんじゃなかろうか。

あんなに近づいたのに遠くなってゆく

ちょっとした人の優しさで嬉しくなって
当たり前の毎日が愛おしいと感じたり。
もう本当に立ち直れないくらい落ち込んで
泣きながら過ごした夜も、
今思い出せば笑えて、馬鹿だな、ウケルー。

そんなんでいいんじゃないでしょうか。
そんなんでいいでしょう。

自分と身の回りを幸せに。


おやすみなさい

もう働けないなんて思ったけど

もう働けないなんて思ったけど

心が弱っていると、身体も弱っていくもので。
前の会社に勤めていた時、新卒で入った職場だったので
社会人や会社という組織が初めてだった。
右も左も分からない私に色々なことを教えてくれた前の会社には感謝をしているけど、
今振り返ると社会の悪いところを全て経験したような2年間だった。


セクハラ
パワハラ
自爆営業
警察沙汰…


普通じゃ経験できないことをありがとう(苦笑)
それから知り合いが二年間の間で二人亡くなり、
一人は元上司で、もう一人は同級生。
人生について考え直す機会が多かった。

ふっ、と糸が切れる

会社の昼休みに一人で泣いた回数は数え切れないし、
急性の胃腸炎でゲロゲロしたり、
よく39度の熱が出ていたよ…。それでも会社行っていた…。
何が普通で何がおかしいか分からなかったなぁ。


あんなに人に頼れなかった時期はなかったし、
本当に毎日必死だった。その分仕事は人一倍覚えたけど、
それは何処でも生きていけるような力じゃなくて、
会社でしか通用しないような力だったんだけど…。


そんな働き方してたから、ある時糸が切れたように
『もう無理だ…。』ってなって、無理だった。

辞めてからも、“もう働けないだろうな”、”働くの向いてないな”
っていう思いが強くて心が安定しなかったな…。
今思うとプチ鬱状態というか、ハイになったり死にたくなったり…。
このブログの昔の記事がそんな状態なんですけど。アハハ…

どうにかなる

今、正社員じゃないけど働いてみてます。
オフィスで事務とかやってます。
まるで昔のことが嘘みたいに、平和で、天気を楽しむ余裕もあって、
やりたいことをたくさん考えたり、これが普通なのかなって思った。
あの時って何だったんだろう。
今ちゃんと冷静に思い出して、同じ世界なのかも分からなくなる。
よく、頑張ったな、私。


新卒主義の日本社会に、ちゃんと逃げる場所があるんだよって伝えたい。
新卒主義なのは悪いことだ!!と私は言えないけれど、
別に自分に合わなかったら辞めればいいし、
逃げたってちゃんと生きていけるんだ、って若い子たちに伝えたいな。

未来のとこは未来の私がなんとかしてくれる。
大丈夫だよ。ほんとに。



おやすみなさい。

DMM英会話

オンライン英会話をやっているよ

DMM英会話を始めて2ヶ月?ほど経った。
1日1レッスンのコースで、月5,500円。
初月はキャンペーン中で半額だったので、2,250円でした。
今まで7,750円使ってきたと思うと、
費用対効果は素晴らしい。
と思う。


英語を楽しく学びたい

日常で英語を使う機会がない私のような人、オススメ。
たまに英語を使う場所は自分で見つけて作るもんだ!
そんなこともできないのか!プンスカ!
って言っている人がいて
馬鹿野郎、田舎は田んぼしかねーよ。と思ったりした。
無理なものは無理。で、工夫するしかない。


英語の勉強にお金をかけるのは勿体無い。
どれだけ私が0円で英語を勉強してきたか。
ってマウンティングなブログもあるけど、
私はある程度お金をかけて学ぶべきだと思うんです。
やりたいならね。なんでって言われるとよくわからないけど、
結局英語ってコミュニケーションのツールだから
使ってなんぼで、というかそうやって学んだ方が
圧倒的に楽しかったから。


楽しくやらないと続かないから。以上。

DMM始めて2ヶ月目だけど、自分と合う先生を見つけるのに時間がかかった。
今は5人くらいお気に入りの先生がいて、だいたい同じ人をリピート。
その方が自己紹介に時間を取られなくてすむなーなんて。

効果あったの?

それが、!わからない!
何で比べればいいの、これ。
TOEIC?????ん???
正直衰えないようにという意味合いが強いかも。
もっと伸ばすには、自分で勉強していかなきゃな。

でも私の英語学習のモチベーションはDMMのおかげで保たれています。
ありがとう、ありがとう。


おやすみなさい。

オンナとは何と問う

オンナとは何と問う

友達が妊娠した。
つわりが辛いらしい。大変だろうに。
どこか他人事である。

周りが結婚と妊娠をしていく中で、私は何だと問いたい。
もし、結婚もしなくて子供を産まなくてそのままお墓に一人で入るなら、誰が私をオンナと認めてくれるのだろうと。
子供を産まないオンナはどうだって政治家の発言も話題になったものだ。
そんなニュースを見ながら、そんなことに胸を痛める50歳になるのだろうか。未婚子なしの50歳は胸を痛めなきゃいけないの?

結婚は良いものだろう。たぶん
子供を産むのも良いのだろう。たぶん
(全て未経験なので私は何とも言えない)

子供を産まないオンナは、男として扱うべき?
結婚しないオトコは、女として扱う?

謎のジェンダー論のタブー視

日本の社会って謎にジェンダー論が嫌がれる。
就活で女学生が『ジェンダー論を勉強してました。』なんていうと嫌がられるらしい。(すみません、友達談)
そのくせ性犯罪が謎に多い。だから、かな。
未だに女性と男性の社会的地位の格差や、家事労働の格差は埋まらないし
未だに総合職、一般職なんて分かれている会社が嫌になる。
業務は同じことやっていたりするのにね。
派遣社員はオンナが多いし、お茶汲みはオンナだし、
家庭を支えるのは男で、会議は男の上司が中心。

気づかないうちに仕分けされていて嫌になる。
オンナとはなんだろうか。


おやすみなさい。

えい、やー

人生、えい、やーです。
会社で書類をなくしたと思ったらアッサリ違う人が持ってた。ばかばかばか

あんなに、疑われて落ち込んだのに〜
と久しぶりに怒りがこみ上げて、
わたしってこういう事が、嫌なんだな。
ムカつくって思うんだな。
って改めて発見。
信じてちょうだい。


おやすみなさい。